平成22年12月3日

秩父特別地域気象観測所 最高気温19.1℃ 最低気温 8.1℃ 雷雨後晴れ曇り、快晴 降水量25.5o
         東京大手町 最高気温23.7℃ 最低気温12.3℃ 雷雨後晴れ曇り、快晴 降水量76.0o
       熊谷地方気象台 最高気温20.8℃ 最低気温 8.9℃ 雷雨後晴れ曇り、快晴 降水量21.5o


カウンター

その1
SL列車に初めて乗る

朝方関東地方は激しい雷雨に見舞われました。
雨が上がったので高崎線に乗ろうとしましたが、雨のため新宿湘南ラインの電車が遅れていました。
熊谷駅に着いた時には予定していた秩父鉄道の電車は既に発車して乗れませんでした。

ところが、ホームに下りたらSL列車が発車寸前でしたので思わずSL乗車券を買って乗ってしまいました。
石炭の臭いと景色がゆっくり流れる感触に酔いしれました。
例年12月3日は寒気団第一波が襲って寒くなるのですが、今日は日射しも強く暑くなってきました。
途中から車内は暖房から冷房に切り替わりました。

巡礼・お遍路のtoppageへ 平成20年秩父夜祭りへ
朝方の激しい雷が上がったので、家から歩いて高崎線の宮原駅に着きました。
ところが、予定していた電車に乗ろうとしましたが雨のため新宿湘南ラインの9:22発の電車は遅れているとのことでした。
仕方なく次の上野発の9:27発の電車に乗って熊谷駅に向かいました。
秩父鉄道の電車は既に発車してしまいましたが、SL列車が発車間近でしたので切符を買って乗ることにしました。
小学生が見学に来てました。
動く蒸気機関車を間近に見られるなんて初めてでした。しかも乗るなんて夢にも思ってもいませんでした。
秩父までの往復乗車券 SL整理券 乗車記念証
          客車のマーク                                   指定席
自由席に乗りました。
石炭の臭いと景色がゆっくり流れるのが、何とも言えない癒しなんですね。    それにゆっくり揺れるんですね。
最後尾の客車のガラス越しに撮そうとしましたが、網入りでしたのであまり撮れませんでした。
あまり暑いので冷房が入りました。
JR八高線、東武東上線乗り換えの寄居駅に着くと時間がありましたので先頭に行って撮しました。
結構お客さんが乗ってました。
三峰口まで行くんですね。
11時28分長瀞に着きました。真夏を思わせる太陽が照らしていたので暑かったです。
皆さん蒸気機関車の前から撮そうと必死でした。
車輪も磨かれて光ってました。
やはり電車よりもかっこいいですね。
大宮総合車両センター   昭和19年製造でしょうか。 はて川車とはどのような意味でしょうか。 
計器類がぎっしりと並んでいる運転席では、機関士さんが出発前の点検で緊張した顔つきをしてました。
11時32分長瀞駅を発ち、今朝の激しい雨で濁った荒川の鉄橋を渡りました。 
隣の席では、これから秩父夜祭りを楽しもうと期待に胸を踊らせているかのようなお顔をした年配者がいらっしゃいました。
客車内は暑いのでほとんどの窓が開いてました。  秩父の象徴である武甲山が見えてきました。
12時過ぎ秩父駅に着きました。 最後部の客車はブルートレインみたいでした。
秩父夜祭りtoppageへ