浅 草 名 所 七 福 神 巡 り


福禄寿


平成廿二年一月六日

東京大手町  最高気温 10.4℃ 最低気温 3.7℃ 晴れ後快晴

アクセスカウンター


色紙



七福神信仰

人は、禍福を思って悩み、福運を求めて人生をさまよい、ゆえに神仏の信仰が生まれました。
 「開運」とひとことで片付けられないのが、人それぞれの願望が一様でないからです。
家内安全、商売繁盛、縁結び、出産、成長、立身出世、学業成就、健康長寿など人の願望にはいろいろあります。
 七福神の信仰も、こうした人の願望から発露したものです。
 仁王経という経典の中に、「七難即滅七福即生」とあります。
 つまり、教え導くことを篤く信じ行えば世の中の七つの大難(太陽、星の異変火災、水害、風害、旱害、盗難)は
たちどころに消滅し、七つの福が生ずるというのです。
 この七つの福というのは、その時代、その人の願望によって合理的に解釈されるもので、
あなた自身の「心」の在り様といえます。
 といっても、七福神の神徳を信ずる事を篤くして、人生を救われる人がたくさんいることから、
その信仰が現代に継承されていることは確かなのです。



御朱印



福禄寿は白髪童顔の温和な容姿で、年齢は数千年といわれ、
福(幸福)と禄(生活・経済の安定)と寿(健康にして長命)との三つの福徳を授ける福の神として
人々の尊信を集めています。


矢先稲荷神社 御由緒

寛永十九年(1642)12月23日に弓師備後は幕府から6200坪余りの土地を拝領し、
当地に京都のそれを模して浅草三十三間堂を建立した。
当社はこの三十三間堂の鎮守として稲荷大明神を奉斎したのを創建とし、
その神像は、寛永寺の天海僧正により寄進された。
京都三十三間堂にならい、堂の西縁を矢場とし、その北方に的場を設けた。
稽古は京都同様に堂の長さを射通す「通矢」の数を競い、
町民にも観覧が許され大いに評判になったと伝えられている。

ところが、元禄十一年(1698)9月6日、世にいう「勅額火事」が起こり、
当社は三十三間堂とともに焼失してしまう。
この後、三十三間堂は深川への移転を命ぜられたが、
当社は付近の町民の懇願により当地の産土神として残り、
三十三間堂(弓矢の練成道場)の的場に隣接していたのにちなみ、矢先稲荷神社と称されるようになった。

昭和二十年(1945)3月9日の空襲では神輿庫を残し焼失する。
戦後早々に仮殿にて復興後、昭和三十五年(1960)11月9日にはRC造の現社殿が再建された。


巡礼・お遍路へ 七福神巡りへ 浅草名所七福神巡り


旧光月町材木の街
一葉桜 光月通り
平成二十一年十二月十二日
一葉桜千束入谷振興会
北めぐりんバス 一葉桜 光月通り
菊の花 言問通り
かっぱ橋 道具街 中国部材・建材万糧
中華料理店用   輸入元       
万糧         日本総輸入元
イス・テーブル   販売元                     
 総代理店
東京中国料理研究会本部
 中華料理店専門設計・施工 
日本中国料理協会賛助会員
ざるなどの竹細工製品

              かっぱ河太郎像の碑

              古来合羽橋は商売とは深い縁で結ばれていた
              今から約二百年前の文化年間 商人として財を
              成した合羽屋喜八は このあたりの水はけが悪
              く 僅かな雨で度重なる洪水に人々が難儀をし 
              ていることを見かね 私財をを投げ出し治水の
              ための掘割工事を始めた ところが工事は困難
              を極めなかなか捗らない その様を見ていた
              隅田川の河童達が喜八の狂気に感じ 夜な夜な
              現れては人知れず工事を進め さしもの難工事
              もついに完成した
              そして その河童を見た人は なぜかそれから
              運が開け 商売が繁盛したという
              この故事に鑑み 合羽橋道具街の誕生九十年を
              迎えるにあたり ご来街のお客様ともども幾久
              しい商売繁盛を祈念し 台東区の協力を戴き
              この地に かっぱ河太郎像 を建立する

                    平成十五年十月吉日
                         東京合羽橋商店街振興組合

 


かっぱ河太郎像
ガスコンロ               この二連のガスコンロがあると便利でしょうね。 矢先稲荷神社 入口 →
浅草名所七福神 鳥居 扁額「矢先稲荷神社」
矢先稲荷神社 境内から本殿を見ます。 本殿と幟
福禄寿 内陣
社紋入りの提灯 扁額 「矢先稲荷神社」 幟 「矢先稲荷神社」
幟「矢先稲荷神社」 幟「淺草名所七福神」 浅草名所七福神 
新春七草まで福笹絵馬札授与
日本喜劇人協会
漫 才 協 会
台東区循環バス  乗り継ぎ無料 南めぐりん 1時間に4本もあります。
駒形 どぜう どぜう
駒形 どぜう 旨そうな鍋が出て来ました。
どぜうの上にささがきごぼうをたっぷりと
ささがきごぼうの上に
刻んだネギを載せていただきます。
BEERの次は焼酎を飲みます。
江戸文化道場 次回二月一日 常連さんでしょうか、
お店の方と話しています。
駒形

久保田万太郎先生は市井の人を愛し 
とくに またふるさとをおなじくする浅草ッ子を愛した
ここに駒形どぜう越後谷 五代 助七 その生前の厚誼をしのんで 
先生をしたう情はまことに涙ぐましいものがあるが 
昭和四十一年初夏 この句にゆかりの三社祭の吉日に当たって
駒形どぜうの店の前にいま先生の句碑を立てる 
旧称田原町三丁目なる先生の生家にもっともちかくに
この句碑を立てられたことは さだめし先生もよろこばれていることと思われる
ここにつつしんでこれをしるす者は おなじく浅草ッ子のひとり 

昭和四十一年五月十七日 安藤鶴夫

席が空くのを待っているのでしょうか。
どぜう汁  どぜう どぜう 近くにあります雷門に行きました。
人力車 
一度でいいから乗ってみたいです。
雷門の前は人だかりで凄い混雑ぶりです。 仲見世
仲見世 混んでいますねえ。
江戸小物 黒田本店 手描凧 武者絵 ¥20000 神谷バー 売り場
神谷バー 浅草一丁目一番一号     1・2階 御料理   2階洋食・喫茶 一度入ってみたいですね。
和服姿のお嬢さん 東京メトロ銀座線 浅草駅 東京メトロ銀座線 上野駅
JR宇都宮線 上野駅 普通 10両4ドア 15:51 小金井 16:16 大宮駅に着きました。