浅 草 名 所 七 福 神 巡 り


寿老人


平成廿二年一月六日

東京大手町  最高気温 10.4℃ 最低気温 3.7℃ 晴れ後快晴

アクセスカウンター


色紙



七福神信仰

人は、禍福を思って悩み、福運を求めて人生をさまよい、ゆえに神仏の信仰が生まれました。
 「開運」とひとことで片付けられないのが、人それぞれの願望が一様でないからです。
家内安全、商売繁盛、縁結び、出産、成長、立身出世、学業成就、健康長寿など人の願望にはいろいろあります。
 七福神の信仰も、こうした人の願望から発露したものです。
 仁王経という経典の中に、「七難即滅七福即生」とあります。
 つまり、教え導くことを篤く信じ行えば世の中の七つの大難(太陽、星の異変火災、水害、風害、旱害、盗難)は
たちどころに消滅し、七つの福が生ずるというのです。
 この七つの福というのは、その時代、その人の願望によって合理的に解釈されるもので、
あなた自身の「心」の在り様といえます。
 といっても、七福神の神徳を信ずる事を篤くして、人生を救われる人がたくさんいることから、
その信仰が現代に継承されていることは確かなのです。



御朱印




中国に古くから伝わる道教の祖、老子が仙格化されたものといわれるこの神は南極星の化身ともいわれ、
白髪長頭で長寿の福徳を記した巻物をつけた杖を持つ姿が描かれます。
また、齢二千年の玄鹿をはべらせているときもあります。

鷲神社

<ご祭神>
天日鷲命(あめのひわしのみこと)
日本武尊(やまとたけるのみこと)
寿老人


酉の祭、酉の市で知られる鷲神社は寿老人をお祀りしています。
江戸下町を代表する神社で、開運、商売繁昌、家運隆昌、子育て、出世の神徳が深いとされ、
「おとりさま」と称されて古くから江戸下町の民衆に篤く尊信されてきました。

ご祭神のもう一柱である日本武尊(やまとたけるのみこと)は後に東征の帰途、
当社の松に熊手をかけて勝ち戦のお礼参りをされた日が、
ちょうど11月の酉の日であったことからその日に神様をおなぐさめする祭が行われるようになり、
それが酉の市のはじまりなのです。

その後、ご祭神の福徳はますます世に広がり、江戸時代になると下町の民衆の篤い尊信を受け、
とりわけ11月酉の日の祭礼は、諸願を祈る老若男女が境内にたくさん集まり、たいへんな賑わいを見せました。
今日でも酉の市の隆昌は、江戸下町の情緒をたっぷりと味わせてくれています。
そして酉の市には縁起物として熊手が登場してくるのです。
 とにかく鷲神社の例祭(酉の市)は大変な人気で、
酉の日の午前零時を期に打ち鳴らされる太鼓の合図とともにはじまる祭は、
その日一日、江戸っ子の人いきれが境内にあふれます。

  こうしてご祭神の福徳を求めて参集する民衆と祭りの下町情緒は、
江戸の風物詩として樋口一葉、広津柳浪、正岡子規、岡本かの子、久保田万太郎など
著名な文人墨客の手によって多くの文芸作品にも書きとどめられ、
酉の市を境に江戸(東京)は冬に入るのです。

鷲神社の創始についてはもとよりつまびらかではありませんが、
ご祭神の一柱の天日鷲命(あめのひわしのみこと)は諸国を開拓して産を興した殖産の神として知られています。
 天照大御神が天の岩戸におかくれになり、
天宇受売命(あまのうずめのみこと)が岩戸の前で舞を舞われたとき、楽器の弦を奏でられました。
命の父神、天手力男命(あめのたぢからおのみこと)が岩戸をお開きになりますと、
その弦の先に鷲がどこからともなく飛んできてとまりました。
その様子を固唾をのんで見守っていた八百万の神々は、
その光景を、世の中を明るくする瑞祥(よいしるし)だとして、鷲の一字を入れて「天日鷲命」と称しました。
 そして天日鷲命は、開運、開拓の福神として当地に鎮座されたのです。

御由緒

鷲神社は、天日鷲命(あめのひわしのみこと)日本武尊(やまとたけるのみこと)をお祀りした由緒正しい神社です。
現在は「おとりさま」として一般にも親しまれ崇敬を集めており、
また十一月の例祭も現在は「酉の市(とりのいち)」として広く知られています。

社伝によると天照大御神が天之岩戸にお隠れになり、天宇受売命が、岩戸の前で舞われた折、
弦(げん)という楽器を司った神様がおられ、天手力男命が天之岩戸をお開きになった時、
その弦の先に鷲がとまったので、神様達は世を明るくする瑞象を現した鳥だとお喜びになり、
以後、この神様は鷲の一字を入れて鷲大明神、天日鷲命と称される様になりました。
天日鷲命は、諸国の土地を開き、開運、、殖産、商賣繁昌に御神徳の高い神様としてこの地にお祀りされました。

後に日本武尊が東夷征討の際、社に立ち寄られ戦勝を祈願し、志を遂げての帰途、
社前の松に武具の「熊手」をかけて勝ち戦を祝い、お礼参りをされました。
その日が十一月酉の日であったので、この日を鷲神社例祭日と定めたのが酉の祭、「酉の市」です。
この故事により日本武尊が併せ祭られ、御祭神の一柱となりました。

江戸時代から鷲神社は、「鳥の社(とりのやしろ)」、また「御鳥(おとり)」といわれており、
現在も鷲神社は「おとりさま」と一般に親しまれ崇敬を集めています。
十一月の例祭も現在は「酉の市」と広く知られていますが、
正しくは「酉の祭(トリノマチ)」と呼ばれた神祭の日です。




十一月酉の日の午前零時に打ち鳴らされる「一番太鼓」を合図に始まり、終日お祭が執り行われます。
十一月に酉の日が二回ある時は二の酉、三回は三の酉といわれます。



以前は、酉の祭(とりのまち)と呼ばれていましたが、次第に市の文字があてられてきました。
祭に市が立ったのです。
酉の市(酉の祭)は、鷲神社御祭神の御神慮を伺い、御神恩に感謝して、
来る年の開運、授福、殖産、除災、商売繁昌をお祈りするお祭です。
社号も昔は鷲大明神社と称していました。
元来鷲大明神社の「大」は敬意、「明神」は神を奉る号です。
「東都歳時記」には、酉の日・酉の祭、下谷田甫鷲大明神社当社の賑へることは、
今天保壬辰(1832)より凡そ六十余年以前よりの事、とあり、
宝暦・明和年間(1750~60)にはすでに酉の祭は相当な賑わいで、
それ以前から年中行事として行われていたことがわかります。

其角の句に「浅草田甫・酉の市」として、

春を待つ ことのはじめや 酉の市

とありますが、この句も霜月(11月)に入ってはじめての市立てであり、
それだけ正月が近づいてきた高揚した気持ちを詠んでいるのでしょう。

これらの事からも酉の祭が長い歴史を持つ神祭であり、同時に多くの浮世絵が残されたことでも、
年中行事として親しまれていたことがわかります。

樋口一葉の「たけくらべ」に

『此年三の酉まで有りて中一日は津ぶれしか土前後の上天気に鷲神社の賑わひすさまじく、此処をかこつけに検査場の門より入り乱れ入る若人達の勢ひとては天柱くだけ地維かくるかと思はるる笑ひ声のどよめき・・・・』

とあるのをはじめ、文学作品に表された酉の市も多く、
広津柳浪「今戸心中」、久保田万太郎「三の酉」、沢村貞子「私の浅草」、等々枚挙のいとまがありません。

冬の季語になる俳句も

人並に押されてくるや酉の市 虚子
一葉忌ある年酉にあたりけり 万太郎
雑閙や熊手押あふ酉の市 子規

など秀句が多くあります。

三の酉の年は火事が多いといわれますが、
これは地方などに宵に鳴かぬ鶏が鳴くと「火事が出る」といわれたことから出た俗信です。
鶏は神の使いであるとされ「時」を知るために飼われました。
三の酉の頃になると次第に寒さを増し、
火を使う機会も増えることから火に対する戒め、慎みからいわれたのでしょう。
古くより続く鷲神社の例祭は大正十二年の関東大震災の年も、
戦時中や終戦の年も挙行され、たくさんの御参詣を集めました。
一度として執行されなかった年はありません。
これも御神徳ゆえではないでしょうか。





鷲神社の熊手御守は開運・商売繁昌のお守りとして「酉の市」のみに授与されます。
一般に「かっこめ」「はっこめ」といわれ神様の御分霊です。
例祭日の午前零時を期して打ち鳴らされる一番太鼓と共に授与され、
一番先に熊手御守を受けた人に「一番札」として神社の金小判が授けられます。





縁起物の熊手も色々の種類があり、時代とともに形も飾り物も変わってきています。
江戸中期より天保初年頃までは柄の長い実用品の熊手におかめの面と四手をつけたものでした。
その後色々な縁起物をつけ今の様な宝船、平、桧扇、文化、みの、御所車など多くの種類となり、
毎年流行を取り入れた熊手も話題を呼びます。

唐の芋は「子をふやし」「頭になる」との縁起から喜ばれ、
栗餅は一名黄金餅ともいわれ、切山椒と共に古くから名物として商われています。
                                                    (鷲神社HPより)


巡礼・お遍路へ 七福神巡りへ 浅草名所七福神巡り


12時57分鷲神社に着きました。 鷲神社 寿老人 浅草酉乃市御本社 鷲神社
謹賀新年 大熊手 鷲神社 浅草名所七福神の内 寿老人 鷲神社
鷲神社 扁額「鷲宮」
鳥居が見えてきました。 大祓の茅の輪があります。
又木と茅の輪 五篇 六番組 扁額「開運」
内陣 神楽殿(神札授与所)
御社殿 手水舎   幟 家内安全鷲神社 又木と茅の輪
開運鷲大明神江戸名社鷲神社 浅草酉乃市起源發祥乃神社 下町八福神   浅草名所七福神 
はとバス  浅草名所七福神めぐり    はとバスが来ているんですね。
宝井其角句碑
春をまつ ことのはじめや 酉の市
浅草酉乃市御本社 入谷二丁目