浅 草 名 所 七 福 神 巡 り



布袋尊

平成廿二年一月六日

東京大手町  最高気温 10.4℃ 最低気温 3.7℃ 晴れ後快晴

アクセスカウンター


色紙



七福神信仰

人は、禍福を思って悩み、福運を求めて人生をさまよい、ゆえに神仏の信仰が生まれました。
 「開運」とひとことで片付けられないのが、人それぞれの願望が一様でないからです。
家内安全、商売繁盛、縁結び、出産、成長、立身出世、学業成就、健康長寿など人の願望にはいろいろあります。
 七福神の信仰も、こうした人の願望から発露したものです。
 仁王経という経典の中に、「七難即滅七福即生」とあります。
 つまり、教え導くことを篤く信じ行えば世の中の七つの大難(太陽、星の異変火災、水害、風害、旱害、盗難)は
たちどころに消滅し、七つの福が生ずるというのです。
 この七つの福というのは、その時代、その人の願望によって合理的に解釈されるもので、
あなた自身の「心」の在り様といえます。
 といっても、七福神の神徳を信ずる事を篤くして、人生を救われる人がたくさんいることから、
その信仰が現代に継承されていることは確かなのです。





御朱印

不動院のご尊像は、江戸時代の頃から伝わるもので、
肩に袋がなく、お腹が袋代わりの形をしている珍しいものです。
大きな度量、清く正しい行為の福を授けてくれる布袋様そのものといったお姿で、
古くから江戸庶民に尊信されています。



御朱印

ご本尊の不動明王は、良弁僧正が相州大山寺で
修法(しゅほう・国家または個人のために加持祈祷をする法式)しながら刻んだ
一木三体不動のうちの一体で、
開運厄除け不動の秘仏となっていて拝観することはできませんが、
お前立のご本尊として不動明王(鎌倉時代の作)は、
あたりを圧する偉容で世の中の災厄を払っており、
江戸市民から久しく尊信されてきました。

布袋尊をお祀りしている不動院(橋場不動尊)は、天平宝字四年(760)、
奈良東大寺建立に尽力のあった
高僧良弁僧正の第一の高弟寂昇(じゃくしょう)上人によって開創されました。
当初は法相(ほっそう)宗でしたが、
長寛元年(1163)に時の住職教円(一説には長円)によって天台宗に宗派を改め、
鎌倉以降は浅草寺の末寺となりましたが、現在は比叡山延暦寺の末寺となっています。

江戸時代には、周辺の三条公、有馬候、池田備前候などをはじめとする武家の尊信をも集め、
明治末年の大火、関東大震災、そして昭和二十年三月の東京大空襲の際にも、
不動院を中心とした橋場の一角だけは災禍をまぬがれたことから、
霊験あらたかな橋場不動尊として現在でも広く庶民に尊信されています。
現在の本堂は、弘化二年(1845)建立のもので、小堂ながら江戸時代の建築様式を保ち、
美しく簡素なたたずまいをしめしています。

隅田川橋場渡之図


巡礼・お遍路へ 七福神巡りへ 浅草名所七福神巡り


川の手通りを北上します。 砂尾山 不動院 の参道を進みます。
「常 住 比 説 法」 動 ふ 場 橋 布袋尊
橋場不動尊 動 ふ 場 橋 お地蔵様の祠
百 度 石 御授地蔵尊
橋 場 不 動 尊
橋場不動尊 11時52分 橋場不動院を発ちました。