西 国 札 所 巡 り

   カウンター
天橋山 文殊堂 智恩寺 第四期        
   (平成廿一年四月廿九日〜五月一日)
  一日目(智恩寺二十八番札所成相寺
  二日目(二十九番札所)
  三日目(三十番札所)
西国札所巡り第一期 西国札所巡り第二期 西国札所巡り第三期 Top Page
                                               
天橋山 文殊堂 智恩寺   西国札所巡り四期は、大開帳のお寺さんを巡りました。
 4月28日の夜行バスで京都に行き、山陰本線と北近畿タンゴ鉄道を乗り継ぎ、天橋立駅で降りました。
 観光船、ケーブルカー(リフト)、専用バスを乗り継いで、
西国二十八番札所 成相寺に着きました。
 青空とシャクナゲ、本堂、御本尊様どれも素晴らしかったです。
  西舞鶴駅で降り、お軸でお世話になっております花咲悠省堂さんに寄りました。

 
突然お邪魔したのにもかかわらず相手をしていただき、時が経つのも忘れて巡礼談義に花を咲かせました。
 ご主人様は、京都で巡礼シンポジウムに出られてボランティア活動をなされているとのことでした。
 帰りにはお土産までいただきましてありがとうございました。
 ご主人様と奥様に感謝申し上げます。
  30日は、小浜線の松尾寺駅から山道を歩いて
西国二十九番札所 松尾寺をお参りしました。
 御本尊様は、馬頭観世音菩薩で西国札所ではここのお寺さんだけです。
 お前立本尊様よりも金色に輝いていました。
 秘仏なのでいつもは厨子に閉ざされ輝きがあせないためでしょう。
 今回は七十七年ぶりの御開帳とのことでした。
 ここのお寺さんには、モダンな造りの「鳥蒭渋摩(うすしま)明王殿」の便所があり、とてもきれいでした。
 ご住職の松尾心空師は巡礼に造詣が深く、京都でよく講演をなされているそうです。
 しかもご自身も西国札所を徒歩で巡り、今は四回目を巡っているとのことでした。

 
 5月1日は、琵琶湖周航の歌資料館に寄ってから、観光船で竹生島に渡りました。
 
西国三十番札所 宝厳寺は、本日より御開帳ということでもう既に多くの人たちがお参りに見えていました。
 私の乗った船は、今津の1便でしたが、他の港からの船はもっと早かったんですね。
 御開帳は12時からでしたが、大勢の方が見えていたので10時から御開帳したとのことでした。
 私には都合のよい変更なのでとても助かりました。

 
 京都に行き、知恩院三門の公開に間に合いました。
 その足で
八坂神社をお参りし、歩いて京都国立博物館に辿り着きました。
 ここで開山無相大師六五0年遠諱記念「妙心寺」特別展を見ました。
 行く先々で札所巡りにかかわるお話を伺うことができました。
 「御詠歌の納経帖があること」、「泉涌寺さんのお軸には菊の御紋が入っていること」など
  坂東札所は、あとわずかで結願できる予定です。
 秋には西国札所が結願できそうなので、これで百ヶ所観音霊場満願となります。
西國二十八番札所 成相寺
西國二十八番札所 成相寺
西国二十九番札所 松尾寺
西国三十番札所 宝厳寺
知恩院 三門 西国二十八番札所 成相寺より天橋立
八坂神社