ここが打止の水があふれてゐる 山頭火