第七期 一日目
平成23年9月17日

高松  最高気温30.1℃  最低気温24.7℃ 曇り時々雨晴れ間あり 台風15号の影響で天気の変化著しい
      
(志度バスストップ〜八十六番霊場志度寺)
八十六番霊場 補陀洛山 志度寺
                                 ふだらくさん              しどじ
カウンター

巡礼・お遍路へ 歩きお遍路へ 歩きお遍路 第七期へ

補陀落山 志度寺

真言宗

御本尊 十一面観世音菩薩

オン マカ 
キャロニキャ 
ソワカ
御詠歌

いざさらば
今宵はここに
志度の寺
祈りの声を
耳に触れつつ
御朱印 御影

 仁王門を入ると左側に海女の墓があります。
謡曲「海士」で知られる伝説によれば、天智天皇の頃、藤原不比等が父鎌足の供養に奈良興福寺の建立を発願しました。
唐の高宗皇帝の妃であった妹は、その菩提にと三つの宝珠を船で送りましたが、志度の浦で龍神に奪われました。
兄の不比等はあきらめきれず、姿をかえて志度の浦へ渡り、土地の海女と夫婦になり、一子・房前をもうけました。
やがて海女は観世音に祈願し、夫とわが子のために命を捨てて龍神から宝珠をとりかえしました。
不比等は海辺の近くに海女の墓と小堂をたて「死度道場」と名付けました。
後に、房前は母の追善供養に堂宇を増築し、寺の名を志度寺と改めるました。
寺伝によれば推古天皇の三十三年に志度の浦に楠の霊木が漂着し、
園子尼がこの霊木で観世音の尊像を刻みたいと念じたのがその始まりだといわれています。
現在の本堂・仁王門は寛文十年(一六七〇)に建立されました。
五重塔は昭和五十年、大阪に出て成功した当地出身の竹部二郎氏が建立しました。


9月16日19時過ぎに家を出るともう真っ暗でした。バスに乗り、大宮駅に着きました。
19時32分京浜東北線に乗り、20時18分東京駅で降りました。
八重洲口の高速バス乗り場はごった返してました。
二階建てのJRバスの席でしたが、とても狭まかったです。20時50分八重洲口を発ちました。
東名高速の足柄SAには23時に着きましたが、バスを降りると本降りの雨でした。
翌日の5時過ぎに本州四国連絡高速道路の淡路島室津に着くと、外は土砂降りの雨でした。
鳴門を過ぎると高速道路が通行止めになったので、一般道を走って行くと青空が見えて来ました。
再び高速道路に入り、7時過ぎ志度バス停で途中下車しました。このまま高松駅まで行くよりも早く志度寺に行かれると考えました。
雨の心配はなさそうでした。初めて高速バスストップで降りましたので勝手がよく分かりませんでした。
外へ出ると急な階段を下り、トンネルを抜けるとコミュニティバスの停留所がありました。
たわわに実っている田圃を見て県道3号線方面へ歩きました。
交差点を左折して志度寺へ向かいました。食べ頃のイチジクが沢山実ってました。
ススキの穂を見てもうそろそろ中秋の名月なのかなと思いました。コンビニで朝食用のパンを買い求めました。
南天にも実が沢山付いてました。家のは付いているかな。
へんろみちの石を久しぶりに見たので、お四國に来たのだなと何故か安堵しました。
激しい雨が降った後なので川の水量も増していました。
7時42分 国道11号線の交差点に来ました。志度寺まで500mとありました。
高徳線の踏切を渡ると志度寺まであとわずかでした。
7時50分志度寺の五重塔が見えて来ました。
八栗寺、JR志度駅、琴電志度駅、平賀源内邸からの道     志度寺の入口                    志度町道路元標
                                   平賀源内の墓  自性院                       
平賀源内先生墓所 真言宗 自性院 微雲窟 常楽寺
負けても いい くじけない ことだ な
修行大師の像
源内さんお墓
自性院本堂 志度寺五重塔 大きな草鞋が奉納されている志度寺仁王門
二王様と扁額
補陀洛山 志度寺 
仁王門をくぐると左側に五重塔が建ってました。
右側を行くと納経所がありました。
お地蔵様なのか御大師様なのか 五重塔 奪衣婆堂
本堂に行くともうお参りに見えている人たちがいました。
本堂は重要文化財に指定されてました。
          謡曲「海士」と海士の墓                               大師堂
大師堂
閻魔堂
雨上がりの道を歩いて納経所に向かいました。
このようにしてあると歩きやすかったです。納経所でお写経を納めて御朱印をいただきました。
納経所を出るとまた雨が激しく降って来ましたが、本堂の前で朝ご飯を食べました。
スパッツを着けました。
                                         生駒親王墓塔                        
海女の墓
        海女の墓                          物々しい囲いが張り巡らされていました。     
囲い越しにお墓を撮りましたが、どれが海女の墓なのか分かりませんでした。
    ↑盆に来て 海女をとむらふ 心あり          高浜年尾句碑         9時04分一礼して志度寺を後にしました。