五日目
平成22年3月25日
                      
徳島   最高気温 8.3℃  最低気温 5.8℃  雨後曇り
 
カウンター

(十六番霊場〜十七番霊場)
十七番霊場 瑠璃山 井戸寺 真福院
                    るりざん        いどじ      しんぷくいん

秩父・最上・西国・坂東札所巡りへ

瑠璃山 井戸寺

真言宗善通寺派

御本尊  
七仏薬師如来

オン
コロコロ
センダリ
マトウギ
ソワカ
御詠歌

面影を
映して見れば
井戸の水
結べば胸の
垢や落ちなむ
御朱印 御影
   
  井戸寺は天武天皇の勅願道場で白鳳二年(674)に開基され、そのころは妙照寺とよばれ、
 八町四方の広大な境内と十二坊を有する大寺でした。
 御本尊の七仏薬師如来の座像は聖徳太子の作で、脇仏の日光菩薩と月光菩薩は行基菩薩の作といわれてます。               
 弘仁六年弘法大師はこの地に留まり、御本尊を拝して修行され、2mほどの十一面観世音立像を刻まれて安置しました。
 そして、この地方の水が悪いのを憂いて、錫杖で井戸を掘られたら、清水がこんこんと湧き出て大師のお姿が写されました。
 そこでご自身の姿を石に刻まれました。
 面影の井戸というのも、また、井戸寺の謂われもここに由来します。
 この石の尊像に日を限って祈願すれば必ず願いを叶えてくれるので、それ以来日限大師として拝まれています。
  後に、貞治元年(1362)の細川頼之の兵乱で堂宇は焼失し、その子詮春が再建したものの、
 天正十一年(1583)の三好存保・長宗我部元親の戦いで焼かれ、
 時治四年(1661)に蜂須賀家五代の光隆が建立したのが、近年焼失した本堂でした。

10時36分 観音寺を発ち、井戸寺を目指しました。
大御和神社の角を曲がると、井戸寺までは1.7qとありました。
11時18分井戸寺に着きました。雨は相変わらず降り続いてました。
四国第十七番井戸寺 御本尊七佛薬師如来
鐘楼
本殿
御本尊七佛薬師如来 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
井戸寺縁起   
弘法大師錫杖にて一夜のうち井戸を掘り給う。
錫杖を三回振ってお祈り下さい。
経に曰く 手執錫杖 當願衆生 示如實道 供養三寶
面影の井戸を覗くと水面が見えました。
姿が映れば無病息災とのことですが、視力がよくないのでよく分かりませんでした。 

12時16分 面影の井戸があります日限大師堂を後にして井戸寺を発ちました。
雨は降り続いてましたが、雲が少しずつ上がってきました。
遠くから列車の音が聞こえてきました。
12時30分 病院の建物が見えてきました。
12時34分 JR徳島線の踏切を渡り、田蒔病院の脇を通りました。
12時54分 伊予街道192号線を歩き、鮎喰川を渡りました。
13時34分 お昼がまだでしたので支那そばの看板を見て入りました。
美味しいラーメンとご飯でした。
眉山を見ながらひたすら歩きました。
14時22分 諏訪神社 四国に諏訪神社があるんですね。
ウインドウに映った私の姿
14時33分 十八番恩山寺まで12q
14時48分 左には徳島駅、右に阿波おどり会館がありました。
15時5分 まだ雨は降っていました。
15時20分 二軒屋駅で休憩しました。
15時32分 阿波室戸シーサイドラインの踏切を渡るとお地蔵様が祀られてました。
15時39分 若宮神社
15時51分 国道55号線に出て、園瀬川に架かる大野橋を渡りました。
16時三軒屋橋を渡りました。
16時18分大松川橋、16時58分勝浦川橋
連日の雨で勝浦川の水量が増しているのがよく分かりました。
17時9分 木彫りの仏様が立っていらっしゃいました。
17時14分 お遍路休憩所がありましたのでゆっくり休みました。
雨も上がり、空が明るくなってきました。17時43分ここの横断歩道を渡りました。
宝剣塔 昔は接待所だったそうです。
ここを曲がって小道を50m入っていくと、弘法大師お杖の水がありました。
ここの蓋を開けると水が勢いよく流れてました。
17時57分北風が強く吹く中、国道を歩いていますと、女性が声をかけてきました。
振り向くとここの洋菓子店の方から「お接待です。」と、持ちきれないほどのお菓子をいただきました。
ありがとうございました。
今晩泊る宿への道に入る所でお巡りさんから「夜道やトンネル内は暗いので、運転手さんからよく見えるように」と、
反射板をいただきました。
18時9分 西の空を見ると夕焼けが綺麗でした。
明日は良い天気になることでしょう。
「源義経上陸の地」の碑がありました。 
18時21分 ようやっと民宿ちばが見えてきました。
案内された部屋にはビニルが敷かれてました。荷物が雨で濡れていたからでしょう。
持っていった小さなドライヤーがここでも活躍しました。
豪華な夕食で、ここでも三杯飯をいただきました。