二日目
平成22年3月22日
                      
徳島   最高気温12.5℃  最低気温 4.3℃  晴れ後曇り

      
カウンター

(八番霊場〜九番霊場)
九番霊場 正覚山 法輪寺 菩提院
           しょうかくざん      ほうりんじ       ぼだいいん

秩父・最上・西国・坂東札所巡りへ

正覚山 法輪寺

高野山真言宗

御本尊
釈迦如来
(涅槃像)

ノウマク
サンマンダ
ボダ
ナンバク

御詠歌

大乗の
秘法も科も
ひるがへし
転法輪の
縁とこそきけ
御朱印 御影
          
 弘法大師が開かれたお寺で、ご本尊は大師が刻まれた釈迦如来の涅槃像です。
お釈迦様はご存知のように印度に生まれ、諸国を廻って教えを説かれましたが、
80歳の時、涅槃に入ることを悟られました。
涅槃に入るとは、我々俗人の言葉で言えば、死ぬということです。
そこでお弟子さんを集め、最後の教えを説かれたのち横になり、涅槃に入られたものです。
頭を北に、顔は西を向き、右脇を下にしたお釈迦様の周りに、沢山のお弟子さんが集まり、
悲しみにくれている様子を刻んだのが、法輪寺の御本尊、釈迦涅槃像です。
このお寺は、開かれた頃は山あいにありましたが、
天正年間に戦乱のため焼かれ、現在の場所に移ったものです。


10時38分 熊谷寺を発ちました。
高速道路をくぐり九番霊場 法輪寺へ向かいました。 
まもなくへんろ石が見えたので安心して歩けました。
この自動車用の標識には気を付けないとまた遠回りしてしまいますが、
今度は歩き遍路の紅いシールがあったので安心しました。
10時49分 新しい四国のみちの標識もありました。
家の角をけずって、昔からのお遍路道の道標が建てられていました。
御大師様への信仰心が厚いんですね。
10時57分 法輪寺まで600mとありました。 あとわずかです。
田起しが済んだ風景を見ながら法輪寺を目指して歩きました。
11時 遠くにお寺さんらしい建物が見えました。
近付くとお遍路姿の方がお寺さんの方へ歩いていました。
山門には厳めしい仁王様が立ってました。
本堂 正覚山の扁額  鐘楼
御本尊様は、涅槃釈迦如来ですが、このたくさんの草鞋で隠されて見られませんでした。

旅の空2007年 四国巡礼 07九番法輪寺〜十番切幡寺: テクテク見聞録
涅槃釈迦如来像(旅の空四国巡礼より)

小さなお子さんが大きな声でお経を唱えている一行さんと出会いました。
大師堂をお参りしてから納経所で御朱印をいただきました。