一日目
平成22年3月21日

徳島   最高気温19.5℃ 最低気温7.4℃ 最大風速14.6m/s 最大瞬間風速26.4m/s 晴れ 黄砂 

    
カウンター

(五番霊場〜六番霊場)
六番霊場 温泉山 安楽寺 瑠璃光院
                 おんせんざん     あんらくじ      るりこういん

六番札所 温泉山 安楽寺 3月22日へ

秩父・最上・西国・坂東札所巡りへ

温泉山 安楽寺

高野山真言宗

御本尊 薬師如来

オン
コロコロ
センダリ マトウギ
ソワカ

御詠歌

仮の世に
知行争う
無益より
安楽国の
守護を望めよ
御朱印 御影

 昔、このあたりに温泉が沸き、病に効き目がありました。
この地にいらした弘法大師は、人々を病や厄から救うため薬師如来を刻み、お堂を建て、温泉山・安楽寺と名付けられました。
 昔は山手の谷あいにありましたが、長宗我部の兵火に遭い、現在地に移りました。
戦後、お遍路の火の不始末から再び焼けましたが、現在は立派に再建されております。




16時に五番札所を発ちました。あと1時間で5qはちょっと無理かな。 まあゆっくり行きましょう。
道々にはお花が綺麗に咲いてました。
八坂神社 鳥居には文政十三年(1830)とありました。
吉田松陰や大久保利通が生まれた年でもあります。
16時20分 後どれだけ歩くのだろう。
16時32分 ここでリュックを降ろして休みました。
番外札所の大山寺への道案内が出てきました。
この自転車に乗ってきた女性からお接待を受けて驚きました。 
私に向かって手を合わせて「南無大師遍照金剛」と唱えられました。
そして、冷たい物でもとお布施をいただきました。
私はとまどいながらも納め札を渡して「ありがとうございます。」とようやっと言えました。
大山寺への入口には、お地蔵様をはじめ石仏が祀られてました。
16時47分 泉谷川を渡りました。水はほとんど流れていませんでした。
「四国いやしのみち 小柿休憩所」がありましたが、通過しました。
16時57分寿食堂を通りました。納経時間にはもう無理ですね。
ほぼ真西に向かって歩いているので、西に傾いた太陽がまぶしかったです。
真夏だったら苦しいですね。
17時14分 電柱に左に曲がる案内板を見て、もうすぐそばだと確信しました。
17時20分 六番札所安楽寺に着きましたが、もう既に納経の時間は過ぎてましたので納経は明朝にすることにしました。
竜宮城のような山門でした。              案内されたお部屋は6畳の間で一人でした。
       ↑ 
 洗濯機と乾燥機があったので早速使いました。  初めてだったので戸惑いました。
豪華な夕食でした。 お腹が空いていたのでご飯をお代わりしました。    
 食堂はほぼ満席でした。
夕食後、本堂でお勤めがありましたので参加しました。
読経の後、住職さんのお説教は、出羽三山 湯殿山のご神体についてでした。