一日目
平成22年3月21日
                      
徳島   最高気温19.5℃  最低気温 7.4℃  最大風速14.6m/s 最大瞬間風速26.4m/s  晴れ 黄砂
      
カウンター

(二番霊場〜三番霊場)
三番霊場 亀光山 金泉寺 釈迦院
                 きこうざん        こんせんじ        しゃかいん

秩父・最上・西国・坂東札所巡りへ
亀光山 金泉寺

高野山真言宗

御本尊 釈迦如来

ノウマク
サンマンダ
ボダ
ナンバク

御詠歌

極楽の
宝の池を
思へただ
黄金の泉
澄みたたへたる
御朱印 御影

 奈良時代、聖武天皇の勅願により、行基菩薩が建てたお寺です。
その後、弘法大師が四国を廻られた時、黄金の泉が湧き出たところから、金の泉の寺、金泉寺と名付けられました。
 今からおよそ800年前の源平の昔、源氏の大将の源義経は、一ノ谷から徳島県小松島に上陸し、平家を追って讃岐の屋島に向かいました。
その途中、この寺に立ち寄り休憩した時、弁慶の力を試すため、境内にあった大きい石を持ち上げさせました。
その『弁慶の力石』は、今でも境内に残っています。

9時40分 二番札所極楽寺を発ちました。 山門前に四国のみちの標識があり、金泉寺まで2.5qとありました。
お墓参りに訪れていました。そういえば今日はお彼岸の中日でした。
お墓にきれいな見たことのない花が咲いてました。 
お墓を通り過ぎるとお遍路さんの札がたくさん下がってました。
9時47分 一般道路に出ました。
お地蔵さんには色々なものが供えられてました。
真っ黄色のレンギョが咲いてました。
すると犬と散歩している人から挨拶されました。
お四国は皆さん挨拶するんだなと思いました。
この紅いへんろ道のシールには、とても助けられました。
ついついへんろ道のシールの写真を撮ってしまいました。
木蓮が見事でした。
10時20分 地図に出ていた変電所に着きました。
明治時代のへんろ道の標識に出会いました。
金泉寺まであと150mです。
白い花が見事でした。梨の花でしょうか。
                          10時24分 金泉寺の本堂の屋根が見えました。  
倶利迦羅龍王
本堂 四國第三番 金泉寺  御本尊釈迦如来
大師堂
観音堂
       大勢の人が納経所を訪れてましたが、 時間はそれほどかかりませんでした。  
新しい朱塗りの多宝塔が聳えてました。
境内から山門を見ました。 金泉寺には裏から入ったようでした。
山門には阿吽の仁王様がいらっしゃいました。
最後に 「四國第三番 金泉寺」の石柱を拝んで 11時10分金泉寺を後にしました。