一日目
平成22年3月21日
                      
徳島  最高気温19.5℃  最低気温 7.4℃  最大風速14.6m/s 最大瞬間風速26.4m/s 晴れ 黄砂
      
カウンター

(一番霊場〜二番霊場)
二番霊場 日照山 極楽寺 無量寿院
                      にっしょうざん      ごくらくじ      むりょうじゅいん

秩父・最上・西国・坂東札所巡りへ
日照山

極楽寺

御本尊

阿弥陀如来

オン
アミリタ
テイセイ
カラウン
御詠歌

極楽の
弥陀の浄土へ
行きたくば
南無阿弥陀仏
口癖にせよ
御朱印 御影

 弘法大師が四国巡錫の途中、こちらで二十一日間、阿弥陀経を読誦して修法されました。
そして、結願の日に阿弥陀如来が出現したので、御本尊として阿弥陀様を刻まれました。
 阿弥陀様のお顔は穏やかで、慈悲の光はかくかくと輝き、その後光が鳴門の長原沖まで達しました。
そのため漁をする漁師はまぶしさに仕事ができませんでした。
そこで光を遮る為御本尊の前に小山を築きましたので、それからは大漁があり、山号を日照山と呼ぶようになったのです。
 天正年間に戦乱のため焼けましたが、本尊の阿弥陀如来は鎌倉時代の作で、国の重要文化財となっております。


8時15分 一番札所 霊山寺を発ちました。 空が一面黄色いです。 中国からの黄砂がきてました。
8時30分 極楽寺への入口に着きました。
撫養街道を右に曲がると山門が見えました。
第二番霊場極楽寺の石柱が朱色も鮮やかな山門の前にすくっと建ってました。
金色で書かれたお寺さんの看板も新しかったです。

吽形

密迹(みっしゃく)力士

金剛の武器を持ち、
仏に近侍して仏の秘密を守護する


扁額 「日照山」


阿形

那羅延堅固(ならえんけんご)王

金剛杵を持ち、
仏法大力をもって守護する


扁額を挟んで左右に二王様が、阿吽形でいらっしゃいました。 

仁王様は一山の守護神です。
参道を進むと、左手に招福弁財天が祀られてました。
大阪の極楽講による子授招福大師
釈迦如来    空海のみちウォーク全国大会十ヶ年完歩記念之碑
六地蔵     平和観音
無縁遍路供養観音
四国八十八ヶ所巡拝 百回記念
長命杉
         ↑ 長命杉                            鐘楼
千手観音がいらっしゃる観音堂
一願水掛不動尊 薬師堂 本堂への石段
本堂には御本尊 阿弥陀如来が祀られています。
次に本堂の隣の大師堂をお参りしました。
招福弁天  願かけ地蔵尊