関東三十六不動霊場
第廿六番霊場 五智山 遍昭院 總持寺
西新井大師 本堂
 

アクセスカウンター

平成廿三年八月十日

東京大手町    最高気温  34.6℃   最低気温   27.4℃ 晴れ

巡礼・お遍路へ 関東三十六不動霊場toppageへ 西新井大師 山門 


五智山 遍昭院 總持寺

西新井大師

金剛護(こんごうご)童子

真言宗豊山派

御詠歌

おもいたつ

心ひとつを

ともとして

大師のみあと

おがみそめぬる
御朱印 御影 金剛護(こんごうご)童子


御朱印とは本来、お寺への御参詣の折、写経(般若心経など)を納めた証しとして
納経帳に頂戴するものです。
御朱印を集めるときにはご本尊様への読経またはお参りを欠かさないようお願い申し上げます。


当山の主となる御朱印です。
「奉拝」にかかる判は「仏法僧」
「弘法」にかかる本尊種字は当山のもうお一人の御本尊十一面観音様です。
また関東八十八か所霊場と東国花の寺百か寺の御朱印もこちらが元となります。



当山では、不動堂にお不動様をお祀りしており、
関東三十六不動霊場廿六番札所になっております。
不動霊場をお廻りの方にはこちらの御朱印をお授けいたします。

                                                                
 

山門をくぐるとすぐにあった石碑です。


厄除弘法大師


文政九年・1826

塩 地 蔵

ここに安置される地蔵菩薩は、
江戸時代より特にいぼ取りその他に霊験ありと伝えられ
御堂内の塩をいただきその功徳ある時、
倍の塩をお返しするところから塩地蔵と申し
諸人の信仰盛んなり。

ご真言
おんかーかーかびさんまえいそわか

西新井大師 総持寺


三郡送(おくり)大師講

「送り大師講」とは、四国八十八ケ所霊場を
模したミニ霊場を大師の絵や像を
持ちながら回る集団のことで、
回るのが北足立、南足立、南埼玉の三郡に
設置された新四国霊場なので、
「三郡送大師講」。


  菩 提 樹

お釈迦さまは、二十九歳で悟りを求めて出家をし、
六年間にわたる難行苦行をつらぬきましたが
苦行では悟りを得る事ができないことを知ったお釈迦さまは、
菩提樹の下に座り、悟りを得るまではこの座を立たない事を誓い、
数日を経てついに悟りを開かれたのです。
時に十二月八日、お釈迦さま三十五歳のときでした。
悟りを得ることを成道と呼び、また真理に目覚めた人を仏陀といいます。
           

          西新井大師 総持寺

菩提樹の花
鐘楼 弘法大師一千年忌供養塔 天保五甲午年三月

“美人伝説”が語られる
美しい姿をした観音様

ぼたん観音と呼ばれる聖観世音菩薩像が
祀られる六角観音堂。

唐の皇帝の妃になる女性が
自分の容姿に悩んでいたところ、
観音の霊験を受けて
絶世の美人になったという
伝説が語り継がれている。
“美人伝説”のある観音様、
女性は外せないスポットになりそう。

六角観音堂
別名をぼたん観音といい聖観世音菩薩を祀っております。
手水盤
大日如来尊像
密教の教主にて梵名を摩訶毘盧遮那と云う。
摩訶は大の義、毘盧遮那は日の別名なので大日と訳す。
文政年間の建立で、出羽三山、
湯殿山の大日如来を勧請した像。
湯殿山御寶
延命水洗地蔵尊


地蔵菩薩は釈尊の滅後、仏がいなくなった
この世界の衆生を、弥勒佛が出現するまでの
間、教化する菩薩であります。
この延命水洗地蔵尊を信仰すると十種の
福徳が授かり特に寿命長遠の功徳があります。
弘法大師様御降誕一二00年の記念として
建立いたしました。

ご真言
おんかーかーかびさんまえいそわか

西新井大師 総持寺

三匝堂(栄螺堂)

登録 昭和五七年一二月
この堂は一見三重の塔に見えるが、
江戸時代に流行した三匝堂で、
俗に栄螺堂と言われる仏堂の一形式である。
江戸中期本所の羅漢寺に建てられたものを
はじめとして、
関東以北の寺院に相当建てられたらしいが、
今に残る遺構は非常に少ない。
都内では明治十七年改築とはいえ
この堂のみで、貴重な建築物である。
堂の内部には、
初層に本尊の阿弥陀如来と八十八祖像、
二層に十三仏、
三層に五智如来と二十五菩薩を
祀ってある。
現在は本尊が新本堂に移されている。
 昔は、ここに参れば一時に諸国の霊場、
諸仏を巡拝したのと同じご利益があるとされ、
さざえの殻の中のような堂内を初層から
三層まで巡拝した。

平成一六年三月
    足立区教育委員会 
三匝堂
三匝堂
疫病の流行ったこの地を訪れた弘法大師が祈祷をすると、この涸れ井戸から水が湧き、たちどころに疫病が平癒したとか。
どんぐりの大江戸ブログ


西新井大師境内の西側にあります加持水の井戸で、「西新井」の地名の元となった井戸です。

弘化四年といえば、1847年です。        (どんぐりの大江戸ブログより)

  地蔵尊 水子供養
地蔵菩薩は釈尊入滅後 弥勒菩薩出生までの
間無仏の五濁悪世の救済を仏よりゆだねられ 
さまざまに姿を変え六道を化導し 三途の川の
賽の河原に在っても子供たちの迷いを除き能く
救うとされます。
御供養となる五輪塔婆を献ずることは地蔵菩薩
建立の意味を成し、大慈悲の功徳によって精霊
を擁護し安らか成らしめます。
 ご真言
おんかーかーかびさんまえいそわか
        
西新井大師  総持寺
水子地蔵尊 水子供養
   不 動 堂
本尊不動明王は、不動尊又は無動尊とも云い、
大日如来が済度し難い衆生に対し右手に剣
左手に索を持ち大火焔を放ち忿怒の相に現じ
一切煩悩を調伏し遵法せしめ�給う尊である。
堅固不動の浄菩提心の尊なれば、諸願成就は
勿論、悪毒、災害を除き延寿徐病等効能広し。
堂内には不動明王を中央に右に制吨迦、左に
矜羯羅の二童子を祀り、當山修行の道場
である。
  ご真言
のうまくさまんだばざらだん せんだまかろし
やだそわたや うんたらたかんまん
  
西新井大師  総持寺
不動堂
福寿地蔵尊 大師元講 弘法大師
本堂前の工事

大本堂

拝殿に入ります。
扁額「遍照院」 恐る恐る内陣に上がります。
悲しいかな 御本尊様 十一面観世音菩薩 弘法大師の厨子の扉は閉ざされています。
藤原時代 薬師如来
寺宝 子育地蔵尊
阿弥陀三尊仏 ご朱印納経所 こちらのボタンを押してください。
不動明王
 ご朱印処 お勤めが始まりました。
蓮の蕾 天蓋 大護摩奉修
本堂から境内を眺めます。 西新井大師参道 西新井方面 1
だいしまえ 電車に乗ります。 西新井駅で降ります。
JR錦糸町駅で総武線に乗り、秋葉原で乗り換えて大宮駅に向かいました。
大宮駅に着きました。 教会 帰る途中で見た入道雲