関東三十六不動第十九番霊場 牛宝山 明王院 最勝寺
関東三十六不動霊場
第十九番霊場 牛宝山 明王院 最勝寺
目黄不動尊

アクセスカウンター

平成廿三年八月四日

4日 東京大手町    最高気温  31.1℃   最低気温   24.3℃ 晴れ時々曇り

秩父・最上・西国・坂東札所・お遍路へ 関東三十六不動霊場toppageへ



牛宝山 明王院 最勝寺

目黄不動尊

法挾護(ほうきょうご)童子

天台宗


御詠歌

ありがたや

目黄に托して

祈る身は

心願叶えて

光り輝く

御朱印 御影 法挾護(ほうきょうご)童子


最勝寺の縁起
最勝寺は、慈覚大師が貞観2年(860)隅田河畔に一寺を建立して創建、良本阿闍梨が中興、明治維新まで牛島神社の別当を務めていたといいます。
大正2年に本所表町(墨田区)から移転したといいます。


「江戸川区史」による最勝寺の縁起
最勝寺(平井一丁目二五番三二号)
天台宗で牛宝山明王院と号し延暦寺を総本山とする。
もとは本所表町(東駒形)にあったが大正二年現在地に移転した。
開山は慈覚大師で貞観二年(八六〇)東国巡錫のみぎり隅田河畔に一寺を建立したのが始まりで、後に良本阿闍梨が中興した。
江戸時代になってから本所に移転し、明治維新にいたるまで牛島神社(墨田区)の別当をつとめた由緒ある古刹である。
内陣は鉄筋で大金庫式に造られて釈迦如来をまつり、別室の不動堂には不動明王と大日如来を安置する。
この不動明王は府内五色不動の一つである「目黄不動」として知られている。また大日如来立像はもと牛島神社の本地仏としてまつられていたが、明治維新にいたり神仏分離の時この寺に移された。
本所にあった頃は三重建築の仁王門があり朱塗りの色が美しく俗に「赤門寺」と称されていたが老朽のため取りこわし、現在は石柱の門前に仁王尊だけが安置されている。
寺宝として渡来仏の毘沙門天像、大般若経六百巻、法華経などがあり、墓地には鳥亭焉馬(戯作者)、富田木歩(俳人)の墓及び柔道家徳三宝夫妻の墓と頌徳碑がある。
                              (「江戸川区史」より)


「江戸川区の文化財」による最勝寺の縁起
最勝寺は、目黄不動で有名である。天台宗で牛宝山明王院と号し、もとは本所(墨田区)表町にあって牛島神社の別当であったが、大正2年(1913)区画整理のため当地に移転した。
開山は慈覚大師で貞観2年(860)隅田河畔に一寺を建立したのが始まりで、後に良本阿闍梨が中興した。
本堂の内陣は鉄筋で大金庫式に造られ、その中に本尊釈迦如来を安置する。
別堂の不動堂には不動明王と大日如来を安置する。
                           (江戸川区の文化財より)


「本所區史」による最勝寺の縁起
最勝寺は表町六十五番地に在り牛寶山と號し明王院と稱した。
天台宗で浅草寺の末である。元慶元年慈覺大師の高弟僧良本の開設する所といふ。
もと向島須崎牛島神社の別當であつた。
本尊釋迦如来は慈覺大師の作にして境内に鎮座せる不動尊は府下五色不動の一なる目黄不動である。
此不動尊はもと末寺東榮寺に在つたが、同寺廢するに及んでここに移した。其の他昔日牛御前の本尊であつた大日像及び大黒の像があり、寛永の頃将軍家光公境内に休憩の假殿を造つたことがあつたので御殿山と唱へ大樹があつた。
大正の初め南葛飾郡下平井に移轉した。
                               (「本所區史」より)


目黄不動尊



目黄不動尊(ブログありさ鉄道より)


目黄不動尊最勝寺 不動堂内部
不動明王の左右に脇侍の制多迦童子と矜羯羅童子が付き添い,
四方は,金剛夜叉明王・降三世明王・大威徳明王・軍荼利明王が取り囲んでいます。

(ブログありさ鉄道より)





江戸五色不動

五色不動は江戸五色不動とも呼ばれており、江戸幕府三代将軍・徳川家光が大僧正・天海の建言により江戸府内から五箇所の不動尊を選び、天下太平を祈願したことに由来するなどの伝説が存在する。
史跡案内など多くの文献ではこのような説話に倣った由来が記述されているが、資料によっては伝説の内容にばらつきも見られる。

一方で五色不動を歴史的に研究したいくつかの報告によると、実際に「五色不動」という名称が登場するのは明治末または大正始めであり、江戸時代の史実とは考えにくいとしているが、伝説自体は江戸時代から伝わる噂話に原型が見られるという。

また名称を別とすれば個々の寺院や不動像自体は江戸時代(以前)からの歴史をもつとされる。
特に目黒不動・目白不動・目赤不動については江戸時代の資料からもその名称が確認でき、江戸の名所として「三不動」の名で知られる。

伝説

各寺の説話や、フィクションなどにおける伝説等については細部でばらつきが見られるものの、おおむね以下のような内容が語られることが多い。ここではそのような伝説について記し、史実についての補足は別節に記すものとする。

五色となっているのは五行思想の五色(ごしき)からと言われる。

寛永年間の中旬、三代将軍徳川家光が大僧正天海の具申をうけ江戸の鎮護と天下泰平を祈願して、江戸市中の周囲五つの方角の不動尊を選んで割り当てたとされる。最初に四神相応の四不動が先行し、家光の時代ないしは後年に目黄が追加されたとして語られる場合もある。

五色とは密教の陰陽五行説由来し重んじられた青・白・赤・黒・黄でそれぞれ五色は東・西・南・北・中央を表している。

また、その配置には五街道との関連も見られるほか、五色不動を結んだ線の内側が「朱引内」あるいは「江戸の内府」と呼ばれたという都市伝説が語られることもある。

史実

江戸時代以前に目黒・目白が存在している。
目黒は将軍家光の鷹狩りに関連して尊崇されていた。
目白は、将軍家光が目黒にちなんで命名したとも、目白押しから名付けられたともいう。

また、江戸時代初期の動坂には、伊賀の赤目に由来する赤目不動があったが、家光の命により目赤と名乗るようになり現在地へ移ったと称する。

以上三つの不動については、江戸時代の地誌にも登場するが、天海と結びつける記述はまったく見られない。

教学院はもともと青山にあり、「青山の閻魔様」として親しまれていた。
ここには近くにあった廃寺から不動像がもたらされている。
明治40年代にこの寺院は世田谷区太子堂に移転し、その頃から「目青不動」を名乗るようになった。

目黄不動は二箇所が同定されているが、いずれも浅草勝蔵院にあった「明暦不動」(後になまってメキ不動と呼ばれたこともある)に近く、その記憶から目黄不動とされたのではないかと推測される。

いずれにせよ、江戸時代には目がつく不動が三つしかなく、それをセットとして語る例はなかった。
明治以降、目黄、目青が登場し、後付けで五色不動伝説が作られたものと考えられる。

前述の五街道との関連も、江戸の地理条件に由来する多少の偶然と考えられ、五色不動を結んだ線の内側が「朱引内」あるいは「江戸の内府」と呼ばれたという説についても史実ではない。
幕末の朱引図は五色不動と関係なく作られたものである。

伝説の原型

以上のような背景から、天海の結界に始まる一連の五色不動伝説は近年作られたものと言われることもあるが、一方で江戸時代にも噂話(都市伝説)として史実とは別に語られていた可能性も指摘されている。

寛保元年(1741年)の『夏山雑談』の記述では天海が四方に赤・黒・青・白の四色の目の不動を置いたとされ、さらには前述の浅草勝蔵院の「目黄」不動の噂にも言及しているが、当時は目青や目黄の裏付けは取れなかったようである。
また当時の噂は四不動が主体で、目黄の扱いが曖昧だったことも覗える。

その後、文化5年(1808年)の『柳樽四十六篇』では、
五色には 二色足らぬ 不動の目
という川柳が残されている。
当時は(明暦不動を別とすれば)三不動五色に見立てる発想の存在が確認できる。

いずれにせよ明治以降、複数の目黄が乱立し、目青が登場し、従来の三不動も五色不動を名乗り始めた背景には、こうした都市伝説の影響があったのではないかとも言われている。           (Wikipediaより)

五色不動の場所
  • 目黒不動 瀧泉寺(東京都目黒区下目黒)
  • 目白不動 金乗院(東京都豊島区高田)
  • 目赤不動 南谷寺(東京都文京区本駒込)
  • 目青不動 教学院(東京都世田谷区太子堂)
  • 目黄不動 永久寺(東京都台東区三ノ輪)
  • 目黄不動 最勝寺(東京都江戸川区平井)



                                                
6時30分家を出ました。今日も暑くなりそうです。  6時47分大宮駅を発ちました。 秋葉原駅に着きました。
時計の針は7時43分を指していました。 ここで総武線に乗り換えます。 7時48分発の千葉行きがに来ます。
7時59分に平井駅に着きました。 江戸川区立小松川小学校です。 江戸川消防署小松川出張所
高いネットのある学校の脇を通ります。 正面に荒川の堤が見えます。
本所にあった頃は三重建築の仁王門があり、
朱塗りの色が美しく俗に「赤門寺」と称されていたが
老朽のため取りこわし、現在は石柱門前に仁王尊だけが安置されています。
最勝寺(目黄不動)

天台宗で午宝山明王院と号し、大正二年
(1913)に、本所表町(現・墨田区)から
現在地に移転しました。
開山は、貞観二年(860)で、慈覚大師
の建立です。
 墓地には烏亭焉馬(戯作者)、
富田木歩(俳人)の墓および、
柔道界の鬼とも言われた
コ三宝の頌徳碑と同夫妻の墓が
あります。
 ■木造不動明王座像
   昭和五十六年(1981)一月登録
   江戸川区登録有形文化財・彫刻
阿形の仁王尊
吽形の仁王尊
天台宗 最勝寺 馬頭觀世音
最勝稲荷神
稲荷神の神使である狐
地蔵尊
蓮の蕾 観音様 関東三十六不動霊場第十九番札所
蓮と本堂
目黄不動明王 法挾護(ほうきょうご)童子
不動堂
ご朱印のお方、堂内参拝をご希望のお方は、左玄関にて申し受けます  目黄不動 最勝寺
無縁塚

「一隅を照らす」碑

日本の天台宗の開祖・最澄(さいちょう)の著書
『山家学生式(さんげがくしょうしき)』の冒頭の『一隅を照らす、これ則(すなわ)ち国宝なり』より。
『それぞれの立場で精一杯努力する人はみんな、何者にも代えがたい大事な国の宝である』という意味。


本堂 慈覚大師の作と伝えられる本尊・釈迦如来が安置されています。  妙蓮

庫裏

                   最勝寺廟堂

              このお墓は、最勝寺檀信徒の方で、ご先祖の精霊の
             後のご供養者がいない方、また諸事情によりお墓がなく
             供養者がいない等の理由により追善供養を受けられな
             い方のために、最勝寺と最勝寺檀信徒会が建立した最
             勝寺有縁者の墓です。
              このお墓におさめられる一切の精霊を、最勝寺住職が
             代々の施主となり、永代にわたり追善供養を致します
              
               お申し込み、お問い合わせは最勝寺まで


不動堂と横に伸びる枝の松
関東三十六不動霊場 納経所 大きな蘇鉄
百日紅
本堂
鬼瓦 不動堂 目黄不動明王
目黄不動明王 扁額「不動尊」 目黄不動明王
左上は金剛夜叉明王 目黄不動明王 右上は降三世明王
目黄不動を囲んだ明王たち 目黄不動明王 護摩壇
制多迦童子 目黄不動明王 矜羯羅童子
目黄不動明王 護摩釜 左前に見えるのが大威徳明王
大威徳明王 護摩壇 庫裏

五大明王の西方に位置するのは、「大威徳明王(だいいとくみょうおう)」という仏様です。


 無量寿如来(阿弥陀如来)または文殊菩薩の権化とされる明王で、
サンスクリット名は「夜摩を降すもの」を意味する「Yamantaka(ヤーマンタカ)」。
この夜摩とは、インド神話の死の国の王Yama(ヤマ:えんま=閻魔)のことであり、大威徳明王は降閻魔尊とも呼ばれます。
西方を守護し、人々を害する毒蛇・悪竜や怨敵を征服するとされる明王で、古くより戦勝祈願の本尊としても信仰されていました。
その名が表す通り、大いなる威徳を持つ明王であります。

お姿の特徴は、六面六臂六足(六足尊という別称もあります)。
伏した水牛に乗り、六面全てが三目。第一手に檀陀(だんだ)印を結び、
残りの手には利剣、三鈷鉾、宝棒、白蛇(索)などを持ちます。


五大明王の北方に位置するのは、「金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)」という仏様です。

不空成就如来の権化とされる明王で、サンスクリット名は「金剛鬼神」を意味する「Vajrayaksa(ヴァジュラヤクシャ)」。
このVajra(ヴァジュラ)とは煩悩を打ち砕く法具である金剛杵を指し、
yaksa(ヤクシャ)とはインドの鬼神で仏法を守護する尊格であります。
古くより調伏や息災の本尊として信仰されてきた明王であり、金剛薬叉と表記されることもあります。

お姿の特徴は、三面六臂。正面のみ五目で、左右の二面は三目。手に利剣、輪宝、弓矢、五鈷杵、金剛鈴を持ちます


五大明王の南方に位置するのは、「軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)」という仏様です。

宝生如来の権化とされる明王で、サンスクリット名は「髑髏(もしくは、とぐろ)を巻く蛇」
または「甘露の壷」を意味する「Kundali(クンダリー)」。
その名前の通り、軍荼利明王は頭に髑髏を冠し、首や手足に瓔珞や臂釧として蛇を巻きつけた姿で表されます。
蛇が執念深い動物と考えられることから、悪心を飽きることなく懲らしめるとされている明王であり、
阿修羅や悪鬼から人間を守護し、障害を取り除いてくれる明王と信仰されております。
そして、別称の「甘露」とはインド神話でamrta(アムリタ)と呼ばれる不老不死の霊薬のことであり、
軍荼利明王は特に息災延命の威力に勝れた明王であるとも言われております。

お姿の特徴は、一面三目八臂。第一手に大瞋印を結び、残りの手には五鈷杵、輪宝、三鈷斧、白蛇(索)などを持ちます。
そして、上記の理由からその身に髑髏と蛇を身に付けています。(珍しい例としては、聖天(大聖歓喜天)を従えた姿もあります)



五大明王の東方に位置するのは、「降三世明王(ごうざんぜみょうおう)」という仏様です。


阿シュク如来の権化とされる明王で、サンスクリット名は
「三つの世界を降伏する者」を意味する「Trailokyavijaya(トライローキャヴィジャヤ」(「Vajrahumkara(ヴァジュラフーンカラ)」
という別称もあります)。
過去・現在・未来の「三世」、あるいは欲界・色界・無色界の「三界」にわたり諸悪を退け、
貪(とん=貪り)・瞋(じん=怒り)・癡(ち=愚かさ)の「三毒」を滅ぼすとされている明王です。

お姿の特徴は、三面八臂(もしくは六臂)。三面全てが三目で、第一手に降三世印を結び、
残りの手には金剛鈴、三鈷鉾、弓矢、利剣、白蛇(索)などを持ちます。
また足元には、大日如来の教勅に従わなかったとされる大自在天とその伴侶の烏摩妃(うまひ)を踏みつけ懲らしめており、
この男女神は「三毒」そのものであり、彼らを踏みつける降三世明王の両足は「禅定」と「智慧」を
それぞれ意味していると言われております。
大自在天とは、ヒンドゥー教におけるシヴァ神のことです。
その破壊神という性格から、最も教化が難しい異教神として選ばれ、
降三世明王の威徳がそれに勝っていることを表現しているのでしょう。


庫裏で御朱印をいただきました。 不動堂 天台宗最勝寺
阿形の仁王尊 吽形の仁王尊 元本所表町 天台宗 最勝寺
よく読めませんでした。 善通寺 右は小松川高校 洋品衣料 あづまや
東京消防庁江戸川消防署 小松川出張所 au コモディティイイダ みどり製剤
9時37分 JR平井駅に着きました。