常光山 西光院 源覚寺
こんにゃく閻魔
アクセスカウンター
東京 北の丸公園 最高気温10.9℃ 最低気温3.9℃ 曇時々晴
巡礼・お遍路 閻魔詣


常光山 西光院 源覚寺

浄土宗

本尊 阿弥陀三尊
御朱印



こんにゃく閻魔の言い伝え


閻魔さまは、冥界にあって亡くなった人の生前の罪業を裁断する十王のうち、最も知られているひとりです。
源覚寺の閻魔さまの右目部分は割れて黄色く濁っています。
それにはこんな言い伝えがあります。
宝暦年代のころ(1751年〜1764年)、眼病を患った老婆が閻魔大王に21日間の祈願を行ったところ、夢の中に大王が現れ「願掛けの満願成就の暁には、私の両目の内、ひとつを貴方に差し上げよう」と言われたそうです。
満願の日に、老婆の目は治りました。
以来、大王の右目は盲目となりました。
老婆は感謝のしるしとして好物の「こんにゃく」を断ちそれを供え続けたということです。
このことから、源覚寺の閻魔さまは「こんにゃく閻魔」と呼ばれるようになり、眼病治癒の閻魔さまとして人々の信仰を集めています。                  (源覚寺HPより)

源覚寺の歴史

源覚寺は380年余り前の寛永元年(1624)定誉随波上人により現在地に開創されました。
その間には、「明暦の大火(1657年)」、「お薬園火事(1762年)」、「戸崎町火事(1774年)」、さらに「富坂火事(1884年)」と、四度もの大火に見舞われました。
幸いにも、ご本尊も閻魔さまもその都度、難を逃れることができました。あの太平洋戦争の東京大空襲でも本堂への延焼はまぬがれました。
源覚寺門前一帯は「こんにゃくえんま門前」としてにぎわい、江戸時代から続く縁日には近隣からの人々も押しかけ活気にあふれます。                (源覚寺HPより)

源覚寺の縁起

源覚寺は、了蓮社定誉随浪上人伝通院三世が隠居所として寛永元年(1624年)に創建したといいます。
定誉随浪上人は、当寺の他、江戸小塚原誓願寺を中興、駒込定泉寺・龍閑寺を開山、増上寺十八世ともなった名僧です。
当寺の毘沙門天像は、小石川七福神の一つとなっています。


「小石川區史」による源覚寺の縁起

常光山西向院源覺寺。
浄土宗鎮西派、知恩院末。
本尊阿彌陀如来。
當寺は傳通院第三世定譽随波上人が二代将軍秀忠公へ隠居所として願出で、寛永元年に開いたのが始めで、文政頃には境内拝領地千三百四十四坪あつた。
地内に古来閻魔堂があり、眼病に驗があると云ひ傳へ、コンニヤクを供物とするので俗に『コンニヤク閻魔』と云はれ、現在に於いても其名が高く、特に正、七兩月の十六日は賽者で賑つてゐる。
寺内にはこの外鹽地蔵と稱するものがあり、又幕府の外國奉行たりし堀織部正利煕の墓がある。
                       (「小石川區史」より)

文京区史跡さんぽ実施報告書による源覚寺の縁起

源覚寺は〝こんにゃくえんま″として、江戸時代から庶民に親しまれてきた寺である。
江戸時代から16日が縁日で、今日も大変にぎわっている。
本尊の閻魔王坐像は眼病にきくと言われ、今でも参拝者が絶えない。
そのいわれは、宝暦の頃(1751-64)、眼病をわずらった老婆が、この間魔王に21日間祈願した。
満願の日、老婆の夢枕に閻魔大王が現われ「われの日月に等しい両眼のうち一つをえぐりとって、汝に授くべし」と告げた。翌日老婆の眼は完全に治っていた。
しかし、閣魔大王の右眼は黄色く濁っていたという。
そこで老婆は感謝の意を、こんにゃくを絶つことであらわした。
これが「こんにゃくえんま」と呼ばれる由縁である。
像は鎌倉期の作で、寛文12年(1672)修理の名があり、文化財的価値は高い。
この「こんにゃくえんま」を舞台にした文学作品をいくつかあげることができる。
森田草平の『煤煙』、樋口一葉の『にごりえ』、夏目漱石の『こころ』などである。
漱石の 『こころ』は、大正3年(1914)の作である。
「こんにゃくえんま」付近の描写を要略してみると、次のように記されている。
先生は下宿を出て、本郷台を西へ下り、小石川の坂を真直に伝通院の方へ上がった。
電車が通ってから、周囲の様子は一変した。
左手に砲兵工廠の土塀で、右は原とも丘ともつかない空地に草が一面生えていた。
先生は革の中に立って、眺めた。
見渡す限り緑が一面に深く茂っていて、神経が休まった。
今から、八十余年前ぐらいの富坂あたりの風景である。
先生はやがて、日清戦争の時、ご主人をなくした未亡人と娘の二人暮しの家に下宿する。当時本郷辺は高等下宿といったふうな家がぼつぼつ建てられていた。
やがて先生は同郷のKを同宿させる。
先生と下宿のお嬢さんとは、交渉が深くなっていく。
11月の寒い雨の降る日、先生は外套を濡らして、例の通り蒟蒻閻魔をぬけて、細い坂路を上って家に帰った。
Kの部屋には人かげがなかった。
奥さんにKのことを聞くと、一度帰ってまた出たという。
先生もふと、にぎやかなところに行きたくなった。
当時は坂の勾配が今よりずっと急であった。
道幅も狭く、真直ぐでなかった。
そのうえ、谷へ下ると、南が高い建物でふさがり、水はけが悪く、往来はどろどろだった。ことに細い石橋を渡って柳町の通りへ出る間がひどかった。
むやみに歩くわけにいかず、路の真中に自然に細長く泥がかきわけられたところを、後生大事にたどって行った。
ここで先生はKに出会った。Kと先生は細い路で身体をかわした。
Kのすぐ後に若い女が立っていた。その女の顔を見ると、それは家のお嬢さんであった。初寒の雨に濡れた心にKに対する猜疑心が高まっていく。
最後にKが自殺し、そこに追いつめた自分にいや気がさし、先生は遺書をしたためるのである。
当時の小石川、こんにゃくえんま周辺の様子が活写されている。
                              (文京区史跡さんぽ実施報告書より)


                                                                                                                                       
今日は二年ぶりの閻魔詣に出かけます。空には薄い雲がかかっています。蝋梅の花も満開です。気温は5.3℃で寒くありません。
9時21分に来たバスに乗り、大宮駅に9時33分に着きました。東の方に見えるビルの建設も順調のようで高くなってきています。
9時40分なのに9時30分発の電車が停まっています。  何かトラブルがあったようですが、このまま発車まで待ちます。
あまり待たないで大宮駅を発車しました。 10時26分秋葉原駅に着き総武線に乗り換えました。
10時32分水道橋駅に着き、西口から外に出ました。 向かいに交番があります。 
昭和39年8月竣工の後楽園ブリッジを渡ると、目の前にJRAのビルが見えます。
一際高いビルが聳えています。 5F後楽園ホール  2F後楽園飯店
後楽園ホールに行くには階段を降りるようです。
ここの階段を降ります。
東京ドームを通り過ぎるには右側の通路を通ります。  すごい人だかりです。 日本の祭りが行われているようです。 
ここを通り過ぎて東京ドームの北側に出ます。
後楽園駅 ←
←後楽園駅           春日駅→
丸ノ内線の電車が見えます。 後楽園駅を通り抜けます。
ビル街は初めての人には分かりにくいです。
東京メトロ後楽園駅 春日通りと白山通りの交差点 文京シビックセンター
富坂下交差点 白山通りを進みます。
善雄寺 こんにゃくゑんま10時56分着きました。 曲がると参道です。
御百度石 嘉永五年(1852)夏 建立  白い石が百ヶあります。 御百度参りの目安にお使い下さい。
火を焚く準備をしています。
ここで御朱印を頂きました。 真っ赤な閻魔堂です。
閻魔堂 扁額「閻王殿」 本日えんま大祭につき
地獄の十三図
本堂内にて
公開しております
閻魔大王と地蔵菩薩

               木造 閻 魔 王 座 像 一躯 区指定有形文化財(彫刻)

             源覚寺に伝わる閻魔像で、閻魔堂に安置されている。右眼が黄色く濁っている
            が、閻魔王が信心深い老婆に己の右眼を与え、老婆は感謝のしるしとして”こん
            にゃく”を供えつづけたという言い伝えがある。このことから、眼病治癒の「こ
            んにゃく閻魔」として庶民の信仰を集めた。
             像は、高さ100.4㎝。ヒノキ材の寄木造りで、彩色を施し、玉眼が嵌入してある。
            優れたできばえを示し、運慶派の流れをくむ鎌倉時代の作と思われる。銘文によ
            ると、寛文12年(1672)に仏師竹内浄正が修理している。
             この像は、彫刻美術品として優れているとともに、本区所在の仏像のなかで、古
            い製作年代に属するものとして貴重な文化財である。
             閻魔王は、冥界にあって死者の生前の罪業を裁断する十王のうち、最も良く
            知られている。わが国の閻魔信仰は、平安時代後期にはじまり、鎌倉時代に盛ん
            になった。                     常光山 源覚寺 小石川2-23-14
                          ―郷土愛をはぐくむ文化財―
                  文京区教育委員会        平成5年3月

毘沙門天堂
毘沙門天 手水

塩 地 蔵 尊

当山開創寛永元年(1624年)以前よりこの
地にあって人々の信仰を集めたと伝えられる。

地蔵尊のお身体に塩を盛ってお参りすることから塩地蔵と
称し、その由来には、古来より塩は清めとして用いられる
ことにより、参詣者の身体健康を祈願するものと説かれる。


錫杖を患部に当て
お参り下さい

                       汎 太 平 洋 の 鐘
                   THE PAN PACIFIC TEMPLE BELL


                       1690年 元禄     三年 粉河丹後守の鋳造により当山に奉納された。
                       1937年 昭和   十二年 サイパン島南洋寺に転出 南太平洋にひびきわたる。
                       1944年 昭和   十九年 サイパン島軍民玉砕して 以後消息不明となる。
                       1965年 昭和   四十年 米国テキサス州オデッサ市において発見される。
                                                     発見者 ミツエ・ヘスター
                       1974年 昭和 四十九年 カリフォルニア州オークランド市居住 D.V.クレヤー
                                         氏によって、サンフランシスコさくら祭りに展示され、
                                         その後当山に寄贈される。


雲ガハシル
 学徒ガ征ク
空ニ
同期ノ華
参千六百
昭和六十三年 戊辰八月十五日建之
廿四世徳誉叢願廿五世真誉代

本堂玄関 勢揃いした山伏たち
本堂玄関先で般若心経を唱えた後、
閻魔堂の前でも般若心経を唱えました。
信者に向かって口上を述べています。
これから儀式が始まります。
山伏が鉞を振り下ろします。
次は弓で四方に矢を射ます。
祭壇の中央に積まれた木に火を点けます。
炎は次第に高くなり、相当離れて撮影している此処でも熱く感じられます。
一人の山伏が刀を抜いて呪文を唱えています。
湯加持
(写真:源覚寺HPより)
沸騰した湯で湯加持(熊笹の束で自らの顔に湯を浴びせます)を行います。
火渡り
(写真:源覚寺HPより)
住職や山伏たちが火渡りを行い、その後に祈祷を申し込んだ人たちが行います。
たぶん火渡りを行うのは山手線内ではここだけのようです。
閻魔殿に傅く狛犬

本日は
えんま大祭です。
えんまさまとご縁つなぎ
こんにゃくを差し上げています
お一人さまこんにゃく一枚
ご自由にお持帰り下さい
合掌


本堂 内陣 阿弥陀如来
焼香台 振る舞われるこんにゃくを準備しています。
防火の爲に地元の消防団が詰めています。 近くの「えんまや」で腹ごしらえです。
ランチメニューを見て注文しました。 生BEERも勿論一緒に。

とんかつ定食 美味しかったです。

地下鉄後楽園駅 →
営団 丸ノ内線・南北線

地下鉄春日駅 ↑
都営 三田線・大江戸線


お昼を済ませて戻りましたら火渡は終わっていました。
こんにゃくをいただく人たちが
列を作って順番を待っていました。
閻魔堂
閻魔堂


鬼瓦


本堂玄関

もう少しきちんと並べられないのかな。

地獄の十三図

窓際の十幅の

掛け軸です

奥から手前へ

ストーリーになって

おります


花は散り

実を残す

人は

菩提の

種を

残そう



孔雀と一緒にいる仏様

         旧 初 音 町
          (昭和39年までの町名)
 もと小石川村の内。寛永元年(1624)こんにゃくえんまで名高い源覚寺が開かれ、門前町ができた。
 明治2年、源覚寺門前町と下富坂西側を併せて初音町とした。
 白山御殿(現・小石川植物園)の辺は、ほととぎすの名所で初音の里といわれたので、これから町名がとられたのであろう。(『江戸砂子』)
                   文 京 区

 

手を合わす

親の姿に

子が学び




こんにゃくを前に
大勢の信者が説法に聞き入っています。

笑顔で

おはようございます

感謝で

おやすみなさい


合掌は

譲り合い

助け合いの




その瞬間

刹那刹那が

一生一度



本堂 内陣
阿弥陀如来様
地獄の十三図 太鼓
こんにゃくをいただく人たちがまだ並んでいました。 火渡りの後は綺麗に
片付けられていました。
消防団の人たちご苦労様でした。
来世の極楽をたのしみに
人生苦行に励む


12時51分 千川通りに出ました。
千川通りと春日通りの交差点です。 白バイが来ています。      文京シビックセンタービル
交差点を渡ると東京ドームです。
まだ大勢の人が並んでいます。
神田川を渡ります。 水道橋駅から次のお寺さんに向かいます。